~カメラを持ってローカル線へ。鉄道写真とアウトドアライフ~

千寿七福神を歩く(7) -千住の銭湯-

ひと通りお参りすることができました

いただいた色紙はこちらです。
干支色紙 2,000円 御朱印 各200円

 千寿御朱印色紙

その他、宝船色紙1,500円 御朱印核200円

地図はこちら
千住宿.com (北千住宿場町商店会)千寿七福神巡り http://senjujuku.com/jouhou/shichifukujin.html

平成二十九年版 千寿七福神配布地図
千寿七福神地図



北千住駅に戻るまでに、数件の銭湯がありました。

タカラ湯
IMGP0637.jpg

大黒湯
IMGP0638 (2)

ところで、最近テレビドラマで千住が取り上げられています。

テレビ東京
昼のセント酒 北千住 タカラ湯からの 特撰チャーハン

東京センチメンタルスペシャル -千住の恋ー

テレビ東京のドラマでは銭湯が出てきました。
これから放送されるNHKのドラマでも銭湯が出てくるのでしょうか。

NHK 千住クレイジーボーイズ 2017年2月15日(水)[BSプレミアム]

Edit 12:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

千寿七福神を歩く(6) -荒川放水路と荒川土手-

本氷川神社より北へ、住宅街の路地を歩きます。住区センターの角をさらに進み、T字路を左に曲がると荒川の土手が見えてきます。

IMGP0620.jpg

現在の日光街道、荒川を渡る千住新橋の下をくぐり、少し進むと布袋尊を祀っている氷川神社に到着です。

IMGP0627.jpg

氷川神社では甘酒をいただきました。
先ほどくぐった千住新橋、旧橋の親柱がこちらに保存されています。

足立区内より下流の荒川は意外と新しく、大正時代に建設された人口の河川で、しばらくは荒川放水路と呼ばれていました。
荒川j放水路より東武伊勢崎線のほうがが古く、荒川の建設により線路が移設されるなどしたようです。
IMGP0625.jpg

荒川土手に上がり、西へと進みます。南には千住の住宅街、銭湯の煙突、その先には千住のランドマーク、東京芸術センター、さらにその先には南千住のタワーマンションと東京スカイツリーが見えます。

MGP0632.jpg

銭湯の煙突と都営住宅が見えてところで土手を降り、寿老人の祀られている、千寿七福神最後の神社、元宿神社に到着です。
IMGP0636.jpg



FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


Edit 20:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

千寿七福神を歩く(5) -旧街道の商店街-

旧街道、やっちゃ場北詰より東(右)に折れ、次の交差点まで進みます。
公園横の「ミリオン通り」を入ると程なく氷川神社に到着します。千住には氷川神社と呼ばれる神社は複数有り、
こちらは仲町氷川神社、千住氷川神社と呼ばれています。
延喜年間(901~23年)に祀られ、その後元和二年(1616年)に現在の位置に遷座しました。
千住氷川神社には弁財天が祀られています。
IMGP0610.jpg

氷川神社の斜め向かいにも和菓子屋さんがありました。こちらの和菓子をお持ち帰りしました。

IMGP0609.jpg

ミリオン通りを抜けると、東京芸術大学千住キャンパス前に出ます。ここを左に曲がり、再び旧街道、本町センター商店街を歩きます。
再開発が進む千住の街、この地に開店して50年の大型スーパー「ダイエー(TOPOS)」が再開発で昨年閉店(写真右)、高層ビルが建設されるようです。「イトーヨーカドー」1号店のプライス千住店も昨年閉店、こちらも再開発されるようです。

IMGP0613.jpg

アーケードのある北千住西口通り(きたろーど1010)の交差点を渡ると宿場町通りに入ります。
街の駅がこちらに。

IMGP0615.jpg

セブンイレブンの角を左に曲がり、間もなく本氷川神社に到着です。

IMGP0617.jpg



FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


Edit 20:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

千寿七福神を歩く(4) -旧日光街道とやっちゃ場-

Uターンして寄り道から七福神巡りに戻ります。
八幡神社から歩いてきた、現在の日光街道と、これから歩く旧街道が
「トの字にわかれる場所に足立市場があります。今移転問題でホットな築地と同じく、東京都の魚河岸市場で、
食堂や物販エリアへは一般でも入ることができます。ただ、正月なので当然お休みですが。
ほぼ隔月で、一般向けイベントがあります。

IMGP0571.jpg

この足立市場はもともと1968年(昭和43年)まで総合市場で、青果と魚を扱っていて、やっちゃ場と呼ばれ親しまれていまいた。
さらにさかのぼり、昭和初期には旧街道沿いに青果問屋が軒を連ねていました。

IMGP0602.jpg


IMGP0606 (2)

各戸には、当時あった青果問屋の屋号が掲げられています。

IMGP0604.jpg
こちらは現在でも続けているのでしょうか。

IMGP0603.jpg

千住宿歴史プチテラス、こちらは蔵を移築した足立区の市民ギャラリーで、「東京の七福神写真展」が開催中でした。

IMGP0601.jpg


FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Edit 20:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

千寿七福神を歩く(3) -千住大橋と奥の細道-

弁財天を祀る氷川神社は西方向になりますが、ちょっと寄り道して
日光街道を南に、千住大橋へ向かいます。
再開発の進む千住大橋駅を過ぎたところで交差点を渡ります。
千住大橋は松尾芭蕉が奥の細道に旅立った地。江戸時代。隅田川に架けられた初めての橋です。
このためでしょうか、現在は下り線専用となっている、1927年(昭和2年)の旧橋の銘板は
(千住大橋ではなく)「大橋」の銘板になっています。


IMGP0583.jpg

千住大橋は松尾芭蕉が奥の細道への旅立ちの地、旧橋のたもとの小さな公園には
「矢立初めの碑」があり、堤防を越える階段を上がると釣船・屋形船の船着場、テラスとなっていて
テラスには上り線側に渡ることができる歩道橋「千住小橋」が大橋の下にかけられています。


IMGP0582.jpg

最終目的地は東北地方ではなく、大垣だったんですね、勉強不足.。。

IMGP0575.jpg

IMGP0574.jpg

千住小橋

IMGP0572.jpg

南千住の高層マンションとスカイツリーをのぞむ。


FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Edit 20:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

プロフィール

 

teku

Author:teku
休日はカメラを持ってローカル線へ。
鉄道写真とアウトドアライフ


好きな色:国鉄色
好きなサウンド:DMH17エンジン音

デジイチ+645ブローニーフィルムカメラ、2台体制で運用中、35mmフィルムカメラは臨時運用となりました。
基本、撮り鉄ブログですが、アウトドア・街歩きブログに路線変更があります。

 

カレンダー

 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

最新コメント

 
 

Twitter on FC2

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

QRコード

 

QRコード

 

FC2カウンター

 

 
 
 
 Designed by Paroday /