~カメラを持ってローカル線へ。鉄道写真とアウトドアライフ~

浅草名所七福神を歩く(8)

本当の吉原大門は交差点より少し入ったこの場所だったのでしょうか。吉原は塀に囲まれ、出入は制限されていたんだそう。

SANY7633.jpg


昼間なのでそう怪しい雰囲気でもないですが、その名残の飲食店が立ち並びます。

SANY7636.jpg


吉原神社。お祀りしているのは、やはり女性の神様、弁財天。吉原の女性の願いを聞いてきたのでしょう。

SANY7640.jpg

道を隔てて少し離れたところにも、弁天池の名で呼ばれた、吉原神社の境内地があります。関東大震災では多くの人々がこの池に逃れ、490人が溺死し、供養のため観音様が建立されたとのこと。

SANY7641.jpg

吉原という場所の歴史をひも解くと、なかなかディープな世界が広がりそうです。


FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

浅草名所七福神を歩く(7)

浅草名所七福神の記事も七回目ですが、(9社寺のうち)あと4つ。ようやく折り返し地点ですが、距離は半分以上残っています。

明治通りを超えて、荒川区へと入ると、ほどなく寿老人の祀られている石浜神社に到着します。
東京ガスの大きなガスタンクが神社の隣にあり、とっても不思議な光景です。

SANY7604.jpg


聖武天皇の神亀元年(724)、勅願によって鎮座され、以来1280年余の歴史を持っています。本殿は昭和12年落成。
SANY7607.jpg

次の吉原神社へは、少し距離があり、20分以上歩きます。

再び来た道を明治通りまで戻り、もう一度台東区に入ります。明治通りから一本道に入ると、少しレトロな家屋、アパート、

SANY7614.jpgSANY7616.jpg


さらには商店街も、、、
SANY7622.jpg

さらに進むと、吉原大門の交差点へと到着します。
SANY7632.jpg

交差点には「見返り柳」碑が。吉原での遊び帰りの客が、後ろ髪を引かれる思いを抱きつつ、このあたりで遊郭を振り返ったということから、ここの柳にこの名が付いたそう。
SANY7628.jpg



FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

浅草名所七福神を歩く(6)

次は橋場不動尊(不動院)へ向かいます。お祀りしているのは、布袋尊。
鉄道の駅からも離れていて、七福神巡り以外のひとはあまりおらず、ずいぶんと静かな雰囲気です。

SANY7593.jpg


本堂は、江戸時代弘化2(1845)年建立。この一帯は東京大空襲の際にも災禍を免がれたんだそうです。


SANY7597.jpg

ここ橋場は、台東区の北東端。明治通りを挟んで北は荒川区南千住、東は白鬚橋を渡ると墨田区向島。
この次の石浜神社は北側、荒川区になります。

SANY7600.jpg



FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

浅草名所七福神を歩く(5)

次は今戸神社に向かいますが、その途中、ここから隅田川沿いの道を歩くと、川が流れていないのに、橋だけが残っている場所があります。
SANY7580.jpg

川の跡は細長い公園になっています。もともとは山谷堀があったところで、現在では暗きょとなって、公園の下を川が流れています。この今戸橋は隅田川に合流する最後の橋です。
(ここはまた別の機会に、このネタだけで訪れてみたいところです。)

SANY7582.jpg

そして今戸神社。招き猫発祥の地ですが、

SANY7584.jpg

それよりも、縁結びの神様、縁結び会発祥の神社として、有名になりました。境内には無数の縁結び絵馬が。
SANY7585.jpgSANY7586.jpg

石のなで猫、ナギ君、ナミちゃん。
P1000580.jpg SANY7589.jpg

今戸神社に祀られるているのは福禄寿。「東京下町八社参り」の一社でもあります。
SANY7588.jpg


FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

浅草名所七福神を歩く(4)

さて、次は少し北へ歩きます。

少し広い交差点に出ると、スカイツリーが良く見えます。(言問橋西側より)このあたり(隅田公園)は桜並木でも有名です。

SANY7571.jpg


ここから隅田川沿いの道を少し歩くと、待乳山聖天(まつちやましょうでん)に着きます。毘沙門天様をお祀りしています。

SANY7572.jpg


七福神ののぼりと共に、「大根まつり」ののぼりが立っています。例年1月7日に行われるそうです。

SANY7575.jpg


境内には、神奈川 三浦産の大根が。お供えするための大根です。大根祭り当日は、法要の後、正月中にお供えされた大根を調理した風呂吹き大根が振る舞われます。

SANY7577.jpg

本堂内には大根がお供えされていました。
境内各所には「巾着」や「大根」が印されているそうです。(気づきませんでした)

SANY7576.jpg



FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

浅草名所七福神を歩く(3)

浅草寺の次は浅草神社です。影向堂からは、先程の浅草寺本堂の先、さらに東側になります。


五重塔が見えます。

SANY7555.jpg


浅草寺と浅草神社は隣接していて、浅草寺境内から浅草神社へ向かうと、どこからが浅草神社の境内なのか、知らなければいつの間にか入ってしまいます。
あらためて、正面の鳥居をくぐって参拝します。

SANY7565.jpg

浅草神社では恵比須神をお祀りしています。(※御扉の奥に安置されており、実際に拝観することはできません。)


浅草神社は、三社様として親しまれて、5月の三社祭で全国的に有名ですね。(神輿が見られました。)

SANY7562.jpg


今日は境内で猿回し公演が行われていました。

SANY7559.jpg


FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Edit 21:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

浅草名所七福神を歩く(2)

最寄駅は浅草駅、田原町駅、南千住駅。

つくばエクスプレス(TX)浅草駅よりスタートし、まずは浅草寺に向かいます。
TX浅草駅は、地下鉄や東武浅草駅からは少し離れ、実は地下鉄浅草駅より地下鉄田原町駅に近く、浅草六区と呼ばれる場所が出口です。ここから伝法院通り、仲見世通りを経て本堂へむかいます。


TX浅草駅出口

SANY7539.jpg


東方向へ向かう。スカイツリーが見えます。

SANY7540.jpg


伝法院通りから、仲見世通りへ。3が日を過ぎても、まだすごい人出。正面は宝蔵門。

SANY7545.jpg


本堂前まで、この人波が続きます。

SANY7549.jpg

七福神の神、「大黒天」をお祀りしているのは影向堂(ようこうどう)。こちらで授与品を受け取ることができます。
SANY7552.jpg




FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

浅草名所七福神を歩く(1)

新年はやはり七福神巡り、今年は浅草名所七福神(あさくさなどころしちふくじん)を歩きます。


江戸末期より戦後まで続き、その後一時中断した後、昭和52年に復活したのだとこと。

各社寺が周回コースのような並びになっているので、どこからスタートしても回れます。


「浅草名所七福神は九社寺あります。
『九は数のきわみ、一は変じて七、七変じて九と為す。九は鳩でありあつまる意味をもち、また、天地の至数、易では陽を表す』という古事に由来したことによります。」・・・  浅草名所七福神HPより

ということで、寺社数も2つ多くなっています。

さらに巡拝コースも約8kmと長く、有名社寺が含まれていたり、他の神社巡りコースと重複して混み合うなど、少し時間に余裕を持って参拝したいコースです。

asakusa7_map_m.png
→地図は浅草名所七福神公式HPへ




FC2ブログランキング
写真/鉄道


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

冬の津軽鉄道を旅する(6)

せっかくなので終点の津軽中里より起点の津軽五所川原まで、片道だけ乗ってみます。
機関車は昭和34年製
IMGP6733.jpg

IMGP6735.jpg

車内の様子、写真ではわかりませんが、ストーブで焼くスルメの匂いが染み付いています...

IMGP6789_20130112204253.jpg

こんな感じでダルマストーブに石炭をくべます。

IMGP6750_20130112204256.jpg

でもストーブ周辺以外は息が白くなるほど、窓ガラスに氷が張り付くほどの低い室温です。

IMGP6803.jpg




FC2ブログランキング
写真/鉄道

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

冬の津軽鉄道を旅する(5)

これが、「走れメロス号」が牽引するストーブ列車。猛吹雪です。

IMGP6638_20130112155102.jpg


そして、機関車DD35+オハ46 2両+メロス号

IMGP6668.jpg




FC2ブログランキング
写真/鉄道

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

冬の津軽鉄道を旅する(4)

津軽鉄道は基本ワンマン運転で、整理券による車内清算ですが、津軽五所川原駅では切符を販売しています。しかも硬券!!

IMGP6604.jpg


でも、金額が変、、金額「130円」の上からスタンプ「運賃変更」って押されている。(本当は730円のハズ。)印刷したのはいつの時代だァ?

車内は「津軽半島観光アテンダント」さんが乗車しています。まだ早い時間帯でお客さんも少ないので、旅行客一人ひとりに声をかけていました。

アテンダントさん(以下A)「どちらでおりられるんですか?」
私、teku(以下T)「大沢内までです。」

A「まぁ、ずいぶんと渋いところで降りるんですね。」
T「ストーブ列車の写真撮るんですよ。」

A「ここはこの地域の中でも日本海からの風が吹き込んでくるのでとってもさむいですよ!」
A「次の(1本目)ストーブ列車はお客さんが少ないので、(機関車でなくて)メロス号が引っ張るんです」
A「ちょうど今日(1月3日)は(終点の)津軽中里駅前で催し物があります。
  普段なら有料の人形劇も無料で見れますよ!」
A「暖かい部屋の中で催し物を楽しんで、お昼(2本目)のストーブ列車を撮ったらどうですか?」


T「うん、考えてみます」

でも、中里で滞在していると、撮影場所到着が2本目ギリギリの時間になりそう。やはり予定通り大沢内で降りることに。

T「せっかく教えていただいたけど、やっぱり大沢内でおります」

A「気をつけて、いぎで(生きて)帰ってきてね(^-^)/」


アテンダントさんに見送られて、列車を降ります。




FC2ブログランキング
写真/鉄道

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

冬の津軽鉄道を旅する(3)

津軽五所川原の駅舎内もレトロです。ストーブがあってホッとします。

IMGP6590.jpg


改札を抜けて、跨線橋を渡り、津軽鉄道のホームへ行くと、ストーブ列車が止まっていました。

IMGP6593.jpg


キハ22もいる!でも車籍の外れた廃車体らしい。。。

IMGP6595.jpg


さらに古い廃車体も!

IMGP6594.jpg


第3セクター鉄道でよく見かける軽快気動車が入線してきました。沿線に太宰治の生誕地があることから「走れメロス号」と言うらしいです。ストーブ列車を撮るので、先に出るこの列車に乗ります。

IMGP6601.jpg




FC2ブログランキング
写真/鉄道

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

冬の津軽鉄道を旅する(2)

津軽鉄道とJR五能線のホームは並んでいて、同じ跨線橋を通って行き来できるのですが、なぜか改札口は別。

駅名も、JRは「五所川原」、津軽鉄道は「津軽五所川原」。ちょっと不思議。

IMGP6588.jpg

駅に向かって左の建物は、津軽鉄道の本社社屋?でしょうか。2F中央の社紋と逆U字カーブのデザインがちょっと(レトロ風ではなく、本当に)レトロな感じでいい感じ。1Fが改装されていて少しミスマッチですが。

IMGP6589.jpg





FC2ブログランキング
写真/鉄道

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

冬の津軽鉄道を旅する(1)

年末の大掃除をしながら、「雪の季節、大糸線のキハ52が引退してから、雪景色の写真撮っていないなぁ~」「でも寒い中、撮り鉄するだけの被写体がないなあ」と考えていたら、ふと気がつきました。「そうだ、津軽鉄道のストーブ列車は旧型客車だ!」

というわけで、津軽鉄道へ。

津軽鉄道は津軽五所川原~津軽中里の20.7Kmを結ぶローカル線。始発駅の五所川原へも奥羽本線弘前駅より、JRのローカル線、五能線に乗る必要があります。

五能線で活躍するキハ40も国鉄型ですが、JR塗装なので、撮り鉄する気になれず…
そのままスルーして津軽鉄道へ乗り換えます。

IMGP6581.jpg



FC2ブログランキング
写真/鉄道

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村


Edit 21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

 

プロフィール

 

teku

Author:teku
休日はカメラを持ってローカル線へ。
鉄道写真とアウトドアライフ


好きな色:国鉄色
好きなサウンド:DMH17エンジン音

デジイチ+645ブローニーフィルムカメラ、2台体制で運用中、35mmフィルムカメラは臨時運用となりました。
基本、撮り鉄ブログですが、アウトドア・街歩きブログに路線変更があります。

 

カレンダー

 

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

最新記事

 
 

カテゴリ

 
 

最新コメント

 
 

Twitter on FC2

 

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

 
 

リンク

 
 

ブロとも申請フォーム

 
 

月別アーカイブ

 
 

最新トラックバック

 
 

QRコード

 

QRコード

 

FC2カウンター